小学校PTA研修にてフットセルフケア

今日は、小学校PTA研修にて、フットセルフケア研修をさせていただきました。

 

何を隠そう…私の次男坊の通う小学校。

 

しかも、私自身、今年は役員をさせていただいている中での研修担当でした。

いつもながら、アシストしてくださる、あろまーる認定セラピストさん。

 

今回は、新たに誕生された、あろまーるインストラクターさんにお手伝いいただけました。

 

現役介護職員の方、

 

もとナースであり訪問看護・訪問タッチアロマをされている方、

 

もと小学校の教員で、現在障がいのあるお子様やそのお母さまのために活動されている方、

 

あろまーるインストラクターの皆様は、本当に、人生経験も豊富で温かい方々なのです。

 

タッチケアの大切さ、アロマが体に届く仕組み、そして、今回フットセルフケアなので足裏の反射区や、浮腫みケアなどをお話しさせていただきました。

 

そして、インストラクターさんによるデモンストレーションのあと、皆でフットセルフケア

床に座ってするバージョンと、椅子に座ってするバージョン

 

それぞれの家庭で、一番やりやすいスタイルを選んでやってみていただきました。

さっそく、皆様からいただいたアンケートを集計させていただいたのですが。

 

全員一致で、「参加してよかった!」とのご回答をいただきました。

 

特に、今回、未就学児さんもご参加いただけるようにしましたので、今までなかなか子連れでは参加しにくかったお母さま方にとても喜んでいただきましたよ。

 

ほか、「優しいタッチで、こんなに心地よく楽になれるなんて!」というお声もありました。

 

「時間が短く感じた、もっと聞きたい」という嬉しいリクエストも。

よい香りと笑顔に包まれた1時間でした。

 

ご参加くださった皆様、準備をしてくださった委員の皆様、本当にありがとうございました。

 

タッチアロマケアの輪が、ますます広がっていきますように。